コレステロールの数値を抑える働き|気軽に飲めるサプリメント!

手とサプリ

健康な体を保つために

肥満

善玉、悪玉

コレステロールという言葉を聞いたことはあるでしょうか。コレステロールとは、人間の体にとって欠かせない成分の一つであり、主に脂質から取り入れられます。細胞膜を生成する働きをし、さらにビタミンDなどの生成にも働きかけ、脂肪の消化を促す胆汁酸や、人間のエネルギーを高める副腎皮質ホルモンなどの材料にもなります。また一日に必要なコレステロールの値は、1000〜1500mgとされています。そして、コレステロールは善玉と悪玉という2種類に分類することが出来ます。悪玉は、体の各所にコレステロールを運びますが、運びすぎると血管に張り付き、動脈硬化などの原因となってしまいます。まだ善玉は、逆に余分なコレステロールを運ぶ役割を担っています。コレステロールは、主にこの2種類が作用しあって体の中に存在しています。

コントロールが重要です

コレステロールは、採血をしてその値を計ります。その時、値が多いと脂質異常症と診断され、悪玉コレステロールが体内に多くいることになり、それによって病気になる可能性が高いと言われています。しかし、逆に低すぎる場合でも、体の機能に必要な働きがおろそかになり病気になってしまう場合もあるので、適度な値を保つことが大切です。例えば、値を下げる食品を積極的に食べることが対策としてあげられます。DHAが豊富な青魚や、ダイエット食品としても人気の亜麻仁油、ヨーグルトなどの乳製品がその代表です。また、値を下げるサプリメントを飲むことも効果的です。工夫してコレステロール値をコントロールして、病気の予防に備えましょう。