コレステロールの数値を抑える働き|気軽に飲めるサプリメント!

手とサプリ

健康であるために

女の人

上手に付き合おう

コレステロールとは細胞を覆っている膜を生成するために必要な栄養素のひとつで、生きていくためには欠かすことのできない脂質の一種です。体内のコレステロール値は食事をすると上昇します。この時に注意をしなければいけないことは一日に必要とされるコレステロールの量を守るようにすることです。なぜコレステロールの摂取量を守った方がいいかというと、こうすることで動脈硬化を予防することができるからです。摂取する量を抑えることで血管に張り付いてしまう悪玉コレステロールが増えにくくなり、その結果として血管が塞がってしまうのを防ぐことができます。動脈硬化による疾患が日本人の死因の約25%を占めていることを考えると、コレステロールを上手に摂取することが健康に長生きするための重要なポイントとなります。

青魚中心の食事がおすすめ

例え体内のコレステロール値が上がってしまったとしても食生活を気を付ければ下げることができます。ですからどのような食材がコレステロール値を下げてくれるのかを知っておくことをおすすめします。コレステロールを下げてくれる代表的な食材が青魚です。青魚に含まれているDHA・EPAには悪玉コレステロールを増やす働きや、肝臓で中性脂肪を合成する働きを抑える効果があると言われています。さらには血液をサラサラにする効果があるとも言われているので動脈硬化の予防にはもってこいの栄養素です。しかし、なかには青魚を食べるのが大変だという人や青魚があまり好きじゃないという人もいると思います。そういう人はサプリメントを活用することがおすすめです。